いつもあのときも Rotating Header Image

カバー力が高いファンデーションと便利な道具たち

肌がきれいなのに越した事はないけども、肌にシミやソバカスが全くない人なんていませんよね。

もしそんな人がいたら、サイボーグのような人ではないでしょうか(笑)?少なからず、肌に悩みというのは持っている人が多いです。

そして、そういった悩みを解決するためには、カバー力が高い化粧品を使うのが一番早い解決法ですよね。

そこで、どんな化粧品を使ったらしっかりと悩みをカバーできるのか紹介しましょう。

 

ファンデーションを選ぶならばリキッドで

カバー力が高い化粧品を選ぶ時に、多くの人はファンデーション選びからスタートするのではないでしょうか?ファンデーションを選ぶ時に悩むのが、ファンデーションの形状ですよね。

リキッドにするのか、パウダーにするのか‥。

それとも、BBクリームやCCクリームを利用するのか‥。

悩むと思います。

それぞれのファンデーションにメリットはありますが、カバー力に関して言うならばリキッドファンデーションがおすすめです。

油分が入っているため、肌に吸い付いて欠点をカバーしてくれます。

化粧崩れもしにくいので、一番実用的なファンデーションではないでしょうか。

ただし、リキッドファンデーションでもカバー力が悪いものもありますし、パウダーファンデーションでもカバー力が強いものもあります。

そのため、化粧販売員さんにファンデーションを選んでもらうのがカバー力が高い化粧品を選ぶコツです。

コンシーラーで部分的にカバーする

ファンデーションは肌全体のカバー力をあげるけれど、肌全体のカバー力をあげてしまうと化粧が分厚い人になってしまう場合もあります。

そんな時は、コンシーラーで気になる部分を部分的にカバーするのがおすすめです。

コンシーラーにも形状はあり、スティックタイプやクリームがあります。

どちらでも使いやすい方を選べば問題ありませんが、初心者さんはスティックの方が使いやすいです。

スティックの方が肌に直接塗れて、隠したい場所をピンポイントでカバーできます。

下地でカバー力をあげる

 ファンデーション選びやコンシーラーも大事ではありますが、ファンデーションの前に塗る下地作りにもカバー力をあげる秘密があります。

下地は、ただ塗るだけのものではありません。

ファンデーションのように、カバー力がある下地もあります。

そういった下地を使えば、肌に優しいファンデーションを厚塗りしなくてもカバー力をあげる事ができます。

どんな下地を選べば良いかは、サンプルを参考にすると良いです。

下地やファンデーションは自分に合うかどうかがかなり変わってくるため、サンプルでカバー力があり、自分に合うか、つけ心地は良いかなどを確認しましょう。

百貨店の化粧品売り場では、サンプルをたくさんもらえるので、下地をつけ比べるのもいいと思います。

カバー力を総合的にあげて、きれいな肌作りをしたいですよね。

上手くカバーできれば、素肌のような仕上がりになります。

Comments are closed.