いつもあのときも Rotating Header Image

「はずし」

最近よく見かける「はずし」という言葉。

カチッとしているようでどこかルーズだったり、大人っぽい雰囲気のなかに子供っぽさがあったり・・・。

おしゃれなレディースファッションで気になるスカートを見ていると、店員さんが話しかけてきた。

こういう格好にも合うし、こういう靴にも合いますよ!とても親切丁寧に説明してくれる。

しかしやはり言われる「はずし」という言葉。

「はずしでスニーカーをもってきても……」なんて言われると、靴を一足買い足すよりも余程ハードルが上がったように感じてしまう。

10代20代の女の子にはいいだろうと思う。

キレイ系の格好に「はずし」で中途半端な長さの靴下をはくのも、まさかスニーカーを合わせるのも。

だが30代にもなると、その感覚がいまいちつかめない。

理屈がわかったとしても、やはり取り入れる勇気が出ないのだ。

「はずし」のすっとんきょうさといったら。

なぜそこにそれを?というすっとんきょうな感じ。

丈のたりないちんちくりんな感じ。

どう見ても美しい比率からは外れているとしか思えない。

でも世間には「はずし」が横行している。

というよりもはやそれを含んだ一つの「スタイル」になっていて、どんなにとんでもない髪型でとんでもないメガネの田舎な女の子でもそんな格好をしているわけだ。

女子高生の靴下までもがなんとも中途半端な長さになってしまった。

あのハイソックスという美しい様式美は一体どこへいってしまったのだろう。

ハイソックスでいいじゃない。

そこで考える。

世間一般でははこのすっとんきょうでちんちくりんに見える「はずし」というスタイルがもうすっとんきょうでちんちくりんに見えてはいないのではないかと。

私だけがいつまでもおかしいと思っているのではないかと。

30代だからわからないなんて思っているのはもはや私だけなのではと。

それでも私にはどうしても、すっとんきょうでちんちくりんにしか見えない。

キレイ系なら「はずし」なんてしなくたって、そのままキレイ系でまとめたらいいじゃない……。

20代の店員さんはニコニコとして続ける。

「あとはそうですね、はずしでトレーナーを合わせても……」

Comments are closed.