いつもあのときも Rotating Header Image

4月, 2016:

女性ウケはばっちり!40代はステンカラーコートでかっこ良く!

40代になったら、今まで異性の目を気にしなかった人でも少しは女性の目線が気になりますよね。

「年下女性からモテたい!」「かっこいいパパになりたい!」と言うならば、おすすめはステンカラーコートです。

小ぶりな襟に、ストレートラインのコートの事ですが、よくサラリーマンの通勤ファッションでも見かけるぐらい色んな人が着ています。

つまり、誰でも着こなしやすいコートなんです。

だけど、それをどうやって着たらカジュアルなおしゃれファッションになるのか見ていきましょう。

ネイビー×ネイビーでスタイリッシュなカジュアルスタイル

ステンカラーコートは、シンプルなコートなので着こなしがあんまり難しくはありません。

そのため、色で遊ぶというのがプライベートファッションを楽しむ方法です。

そこで、あえてネイビーという通勤ファッションにもなる色をカジュアルに着こなすのが40代男性の大人ファッションです。

ネイビーのステンカラーコートに、ネイビーのパンツを合わせると色が上下で統一されてスタイリッシュな雰囲気になります。

パンツは、チノパンでもジーパンでもいいです。

ジーパンだと、少しカジュアルなファッションになります。

ステンカラーコートの中に合わせるトップスは、白のハイネックなど白にするとネイビーと白でさらにスタイリッシュになります。

特にジーパンを合わせるならば、カジュアル過ぎないようにするために白がおすすめです。

ツートンカラーは、落ち着いていながらもおしゃれで女性ウケは良いです。

ベージュ×ブラックで暗くない冬ファッション

ベージュのステンカラーコートは、冬にありがちの暗いコーデから脱却させてくれます。

ベージュは明るい色ながらも落ち着いた雰囲気なので、 40代男性にぴったりの色なんです。

ベージュのステンカラーコートは、パンツを白にしてしまうとコーデがぼんやりとしてしまいます。

そのため、ブラックパンツで色を引き締めるのがベストです。

ベージュのステンカラーコートで注意したいのが、コーデを一歩間違えるとドラマや映画に出てくる殺人事件を追う刑事さんのようなファッションになってしまう点です。

また、くたびれたサラリーマンのようにもなってしまいます。

そのため、コートの中に着るのはVネックシャツやカーディガンなど、スーツのイメージから遠いファッションアイテムを合わせましょう。

ビビットカラーのステンカラーコートはあり?

ステンカラーコートと言えば黒やベージュなどの落ち着いた色がメインですが、なかには赤などのビビットカラーのステンカラーコートもたります。

こういった色のステンカラーコートは、40代メンズスタイルにとっては危険なアイテムです。

若いうちは似合う人も多かったと思いますが、大人になったら避けるのが、安全道です。

女性ウケを考えたら、落ち着いた色がおすすめです。

おしゃれさは鮮やかな色で出すよりも、落ち着いた色で出した方がデートでも家族とのお出掛けでもウケはいいです。