いつもあのときも Rotating Header Image

2月, 2016:

痩せが原因としている黒ずみについて

お尻の黒ずみは痩せているとなりやすい?

お尻の黒ずみは太っている人よりも痩せている人のほうがなりやすいと言われています。

太っていれば重さによって刺激が増えてしまうため、太っているほうがなりやすのではないかと感じてしまいます。

ではなぜ痩せている人のほうがおしりの黒ずみができやすいのでしょうか。

太っていると重さにとって刺激を与えてしまうのはもちろんなのですが、ただお尻についている脂肪が助けてくれます。

お尻についた脂肪がクッションの代わりをしてくれて、刺激を分散させるため1箇所に与える刺激は大きくないです。

痩せていると重さによって刺激が増えてしまうことはありません。

しかし痩せていればいるほど脂肪がクッション代わりをしてくれなくなるため、1箇所に与えてしまうダメージは大きいです。

おしりの黒ずみの場合、重さが重要としているのではなくて1箇所に与えてしまうダメージがどのくらいなのかが重要です。

そのため太っている人よりも痩せている人のほうが黒ずみになる可能性が高まります。

ただし痩せているからといって絶対にお尻に黒ずみができてしまうわけではありません。

しっかり対策していれば黒ずみはできませんので、できないための対策をしていきましょう。

痩せている人のお尻黒ずみの対策方法とは

太っている人よりも痩せている人のほうがお尻にできる黒ずみが発生しやすくなります。

出来てから対処していくのでは時間がかかり、解消してくれるまで悩まなければいけません。

悩まないためにも出来てしまう前に予防しておくことです。

ではどうすると痩せている人でもできないように予防できるのかというと、一番のおすすめはクッションを利用することです。

下着のスレによる黒ずみは、太っている人でも痩せている人でも発生する可能性に違いがありません。

そのため、下着を変えて摩擦が発生しにくくすれば十分予防できます。

痩せている人で対策しておきたいのが、1箇所に与えてしまうダメージ量の軽減です。

脂肪が少なくクッションかわりしてくれないからこそ発生してしまいますので、脂肪クッションの代わりをしてくれるアイテムを使用すると予防できます。

そのアイテムとなるのが柔らかすぎず硬すぎない座布団やクッションです。

お尻が接している物が硬ければ硬いほど、それだけ刺激を大きくしてしまいます。それが原因で下半身の色素沈着が出来ることがあります。

硬い物から柔らかい物へと変えてくれるのが座布団やクッションです。

柔らかすぎてしまうと直接地面と接している状態と同じになりますし、硬ければあまり変わりがなくなってきます。

柔らかすぎず硬すぎない物を使用すると軽減されますので、黒ずみ対策として座る時には丁度良い座布団やクッションを使用しましょう。